記事一覧

ロンハーマンの2019年春夏 とろけるようなシャーベット色を組み合わせ

アップロードファイル 9-1.jpgアップロードファイル 9-2.jpgアップロードファイル 9-3.jpgアップロードファイル 9-4.jpgアップロードファイル 9-5.jpg

「とろけるような春の訪れを全身で受け止める女性をイメージした」――篠崎茜バイヤーが言うようにロンハーマン(RON HERMAN)は2019年春夏、シャーベットカラーのコートやパンツ、ジャケットなどを大きく打ち出す。篠崎バイヤーは「これまでのシャーベットカラーの提案は同系色での組み合わせが多かったが、今年は違う色同士が気分」と言い、「少し褪せたような色味であることもポイント」と語る。シーズンを通してイチ推しカラーは黄色で、マンゴーからからし色までさまざまにそろえる。また、ラベンダー色に染めたアイテムの打ち出しも予定する。

キー素材はリネンで、コートからセットアップ、ワンピースまで幅広いアイテムをそろえる。キーアイテムは前述したものに加え、トレンチコート、カットソーセットアップ、オールインワン、マーメードスカート、スモールメッセージTシャツなど。ジャケットやセットアップはリネンやカットソーで仕立てることで、かっちりし過ぎていない点がポイントだ。スモールメッセージTシャツは、さまざまなシャーベットカラーに染め“MERENDA CLUB”と書かれたものなどを用意する。MERENDA CLUBとは“おやつクラブ”という意味。柄は、大小さまざまなフラワー、夏のレース、多様なギンガムチェック、ストライプなどを並べる。

雑貨は、華奢なストラップサンダル、ストラップハット、ラフィアやリサイクルプラスチックのかごバッグ、リネンのストール、動物や果物モチーフの小物、ヘアクリップに加えて「久々に気分」だというシュシュなどをそろえる。

また、18-19年秋冬から始めた「世界の銘品」の19年春夏は、1960年代の麦わら帽子をピックアップする。イタリアの帽子ブランド「ムーヴ ローマ(MOVE ROMA)」のデザイナー、マッシミリアーノ・アミクッチ(Massimiliano Amicucci)が収集したデッドストックの帽子を彼自身が成形し直したものを販売する。120個を買い付け、価格は2万7000円程度を予定する。アミクッチは帽子やアクセサリーの製作を30年以上手掛けてきた人物で、「ムーラン・ルージュ」「パイレーツ・オブ・カリビアン」「マリー・アントワネット」「グラディエーター」「レ・ミゼラブル」など数々の映画のためにも製作している。

知る人ぞ知る、1年待っても欲しいシューズ「リョウ アソウ」

アップロードファイル 8-1.jpgアップロードファイル 8-2.jpg

突然ですが、脚がきれいに見えて、かつ疲れにくい、なんなら1日ずっと履けるシューズを探すのって実は本当に大変です。世のシューズ好きの女性の皆さんも、そんなシューズには、なかなか出合えないと思っているのではないでしょうか?

 そんな中、先日、「リョウ アソウ(RYO ASO)」というシューズブランドの展示会に初めて行ってきました。パンプスを愛する女性には熱烈なファンもいる、知る人ぞ知るブランドです。

 興味津々で実際にいろいろ履いてみました。何といっても足がきれいに見えるように計算されたトーの形と、足の甲が見える分量のバランスが絶妙です。ぜひがんばって素足で履きたくなる美しさです。また、美しいだけではなく、実際に履き心地の良さもその人気の理由だそう。

 デザインもキョロちゃんの目のようなウイットに富んだデザインシューズから、クロコダイルの高級素材を使ったエレガントなシューズまでさまざま。
取材で歩きまわる自分にとって「まさに必須アイテム!」と思い、いろいろ試した中でコレ!と決めました。すると、デザイナーの麻生亮さんから、「オーダーから1年かかるので、出来上がるのは来年の9月あたりです」とのこと。「そんなにかかるんですか!」と思わず2度も聞いてしまいました(笑)。

 麻生さんは、イギリスの靴学校、コードウェイナーズカレッジを卒業後帰国後、婦人靴メーカーで企画、主にパタンナーとして10年間働いて2011年に独立し、自分のブランドを始めたそう。

 普段、常設で販売はしておらず、百貨店の催事や展示会でのみオーダーを受け付けているそうなのですが、それでもオーダーの数が増えてしまい、実際に仕上がるのに1年かかってしまうそうです。でも、麻生亮さんが一つ一つハンドメードで作っているからこそのクオリティーなんですね。ということで、1年待つことにしました。忘れたころに届くかもしれませんが、それはそれでサプライズみたいで楽しいかもしれません!到着するのが今から楽しみです。

Reebok CLASSIC presents 秋元梢が1日店長に

アップロードファイル 7-1.jpgアップロードファイル 7-2.jpg

大ブレイクしたReebokの名作シューズを、X-girlの手によってスタイリッシュにアップデート! ベースとなった"GL 6000"は、1980年代に誕生したシューズフリークスの間では名高いランニングモデル。高いクッション性と安定性を兼ね備えたオリジナルテクノロジー"ダイナミック・クレイド・システム"で、ランナーの足を衝撃からガード。その履き心地の軽やかさを体感すればヒットした理由も分かるってもの。

そのオーセンティックなヴィジュアルも人気で、時代を問わないデザインは長くファッショニスタから愛され続けている。今回はオリジナルにも使われているスウェード素材をアッパーに、ネイビー×ピンクの絶妙なカラーリングでアウトプット。ビビッドなのに、飽きのこないバランス感はさすが! 白紐&ヒールにロゴをオン、インソールにはスター&マイクミルズのロゴプリントでばっちりアピール!

8月24日(土)の発売に先がけ、前日の23日にはX-girlのフラッグシップストア東京&名古屋で秋元梢の一日店長イベントも開催! この日にGL 6000を買うと梢店長と記念撮影やサインがもらえちゃうよ♪